ジャパンプラクティス

当事務所はパートナー、フィル・ライマン、を中心に高度なスキルと幅広い日本企業へのアドバイス経験を持つ専門弁護士でジャパンプラクティスチームを編成しており、日本企業の英国及び欧州をはじめとする世界的な投資活動や事業のサポートに理想的な体制を整えています。

当事務所は、ロンドン及びオックスフォードに拠点を置く、企業とテクノロジーの分野に特化した法律事務所です。日本の企業の皆様に企業間取引、テクノロジーサービス、契約及び紛争等の英国法の下での法律問題についてアドバイスを提供しており、日本に焦点を当てた英国法律事務所として先駆的立場にあります。

NTTドコモのような著名な企業からサトーホールディングスのような専門的な開発製造業者まで幅広く日本企業の皆様にアドバイスを提供しており、その多数が全世界で数十億米ドルの収入を上げる上場企業の皆様です。当事務所は英日議員連盟(British-Japanese Parliamentary Group) のスポンサーでもあり、英国政府機関である英国貿易投資総省認定のアドバイザリー・ネットワーク(UKTI Advisory Network) のメンバーとして国際企業の対英投資活動の支援も行っています。

主要業務分野

テクノロジー

商事・テクノロジー部門では技術及び無技術企業両方に、供給、調達、及びテクノロジーに関するサービス、製品またはイノベーションのライセンス等、専門的なアドバイスを提供しております。当チームの業務内容の大部分はデータ保護及び情報法やネット犯罪も含んでおり、当事務所の弁護士は多数の専門家及び企業向けの先駆的な記事を執筆したり、カンファレンス等で演説させていただいております。

当チームはテクノロジーや他の商業案件等のアドバイスを提供し、それに伴うIT委託契約、ソフトウェア開発及び展開契約やライセンス契約等の交渉を行います。また、バイオテクノロジー、特に遺伝子療法、の分野に関しても専門知識を有します。

当チームは、全主要知的財産権の利用及び保護に関しても、当事務所が信頼する商標エージェントや弁理士と連携してアドバイスを提供します。

コーボレート

コーポレート部門は当事務所の主要部門であり、M&A、ファイナンス、ジョイント・ベンチャー、コーボレート・ガバナンス業務が含まれております。Chambers UK により当部門のベンチャー・キャピタル業務は英国内トップ15の事務所のひとつとしてランクづけされ、業界屈指の業務分野となっています。

多くの案件は急成長企業や純粋な科学技術系企業に関係していますが、当チームの知識と経験はそれよりも幅広く、その他の業種(特にテクノロジーを多く取り入れている又はテクノロジーによって機能している企業)にも多くアドバイスを提供しております。当チームは皆様を各案件において、初めての交渉から、覚書やタームシートの作成、契約完成後のインテグレーションまで、一つ一つご案内いたします。

争訟

紛争チームでは商業訴訟、仲裁や裁判外紛争解決(ADR)を専門に取り扱っております。特に、当事務所のクライアントの多くが科学技術が関わっているため、知的財産権侵害に伴う紛争案件やデータ・プライバシー及びM&A、ベンチャー・キャピタルやプライベート・エクイティから生じる取引紛争の分野で多く経験を有しております。

国際的法律事務所として、頻繁にクロスボーダー多数当事者紛争案件を取り扱っており、その際には当事務所が信頼する専門家のネットワークと連携して業務を遂行することで総合的なリーガルサービスを提供します。

ジャパンプラクティスの経歴

テクノロジー、メディア、通信

  • 8億3千万米ドルの売上を有する、東京証券取引所上場の企業であり、グローバルバーコードとRFID製品の開発と製造を手がけるサトーホールディングス株式会社によるベンチャーキャピタルファンドからレーザーコーディングのスペシャリストDatalase Limitedの株式取得に関するアドバイス。
  • 日系上場会社による英国テクノロジー会社の株式の予定取得についてアドバイス。
  • 180億米ドルの売上を有する多国籍日系上場画像・電子機器企業に、欧州における新しいクラウドベースの印刷サービスの開始提案についてアドバイス。
  • 300億米ドルの売上を有する日系上場テクノロジープロバイダーに、欧州の複数の国への新しいモバイルアプリの展開に関するEUデータ保護法の問題についてアドバイス。
  • 日系テクノロジー企業に、高額な製造部品を供給する欧州のサプライヤーとの契約の終了についてアドバイス。
  • 日本の行政機関に、サイバーセキュリティーとデータセキュリティ違反通知義務、及び、欧州でサービスを提供している日本のプロバイダーへそれらが与える影響について欧州法のアドバイス。
  • 日系ソーシャルネットワークゲーム企業に、フェイスブック及びアップルアプリストアをプラットフォームとする欧州ユーザー向けのゲームの展開に関する欧州/_英国における契約、消費者保護及びデータ保護法の問題についてアドバイス。
  • 日系風力タービンテクノロジー企業に、最先端の風力タービン製品のための高額かつ複雑な部品を英国企業へ開発委託及び新しい知的財産権のクロスライセンスについてアドバイス。
  • 日系IT企業に、英国に本部を置くビットコイン取引会社への投資に関する紛争についてアドバイス。

産業

  • プライベートエクイティ支援の日系製造業者による英国の製造業グループの潜在的買収についてアドバイス。
  • 世界的産業機械部品及び建設資材製造会社による英国製造業グループの潜在的買収についてアドバイス。
  • 日系上場製造業者に、英国のサプライヤーからの高額な製造機器の調達を巡る特許侵害紛争についてアドバイス。
  • 130億米ドルの売上を有する日系主要自動車部品製造業者に、欧州のオペレーションの再編に関するコーポレートガバナンスの問題についてアドバイス。
  • 70億米ドルの売上を有する日系化学技術会社による東南アジアでのジョイントベンチャーの高額ローンの保証再編において、イングランド法の面でアドバイス。
  • 著名な日系産業機械製造会社の社内クロスボーダー合併に、英国法の面でアドバイス。
  • 世界的日系エネルギー業界製造会社に、社員のデータのクロスボーダー移転に関する欧州データ保護法のアドバイス。
  • 日系上場精密光学機器製造業者に、欧州子会社の再編に関するコーポレートガバナンスの問題についてアドバイス。
  • グローバルな搬送設備製造業者の欧州企業に対する潜在的な紛争に関するアドバイス。
  • 大手日系製造コングロマリットの欧州子会社に、クラウドベースのソフトウェアアプリケーションであるOffice365suiteへの移行に関する契約及びデータ保護の法的問題についてアドバイス。

ヘルスケア&バイオテクノロジー

  • 日系ヘルスケアサービス業者に、英国における業務の企業再編についてアドバイス。
  • 日系製薬会社に、欧州事業へのサプライヤーとの供給契約終了についてアドバイス。
  • 医療サービス業者に、ビジネスサービスのサプライヤーとの契約に関する紛争の解決についてアドバイス。

金融

  • 大手日系金融グループに、欧州一般データ保護規則の施行に対しての準備についてアドバイス。
  • 大手日系資金業者に、英国においてのグローバルな公益通報の政策及び方法導入についてアドバイス。
  • 500億米ドルの売上を有する日系上場総合商社に、欧州の主要金融機関との高額な融資契約から生じる潜在的なリスクについてアドバイス。

飲食

  • 大手日系食品製造会社による欧州拠点の食品/_飲料業界大手企業の高額知的財産権の取得交渉に関するアドバイス。
  • 日系食品製造業者に、労働者に関する紛争についてアドバイス。

消費者&小売市場

  • 大手日系玩具製造会社による、英国高等裁判所で特許権侵害訴訟の提起についてアドバイス。
  • 20億米ドルの売上を有する日系上場消費者製品製造会社に、「モノのインターネット(IoT) 」の新製品の発表に関して欧州データ保護法及びeプライバシー法体制についてアドバイス。

 

フィンテックの経歴

当事務所の弁護士は、電子決済、モバイル決済、電子マネー、ソーシャルレンディング、データアナリティクス、コンプライアンスなど、フィンテックの主要分野で長年の経験を重ねてきました。近年の事例としても以下のような案件を取り扱っております。

  • マーチャントキャッシュアドバンス業界や電子マネー決済を専門とする企業のデットファイナンスに関する案件。
  • ベンチャーキャピタル支援のファンドによる業界トップ3のソーシャルレンディング企業への投資案件。
  •  経済予測やデータ解析、投資ラウンド、組織再編、商事契約や知的財産に関する契約などを専門とする、ロンドン拠点の経済コンサルタント企業へのアドバイス。
  • モバイル決済分野のベンチャーキャピタル支援企業による同業他社の戦略的買収案件。
  • 日系のソーシャルネットワークゲーム企業が欧州のエンドユーザーに対し、FacebookやApple App Storeなどのプラットフォームでサービスを提供するにあたり、E_U_の電子マネー規制の下でアプリ内課金をいかに規制するかの問題。
  • 米国拠点の大手オンライン詐欺防止ソフトウェアのサプライヤーによる英国内でのプロプラエタリ・ソフトウェアをライセンスすることに伴うデータ保護上の問題。
  • 電子マネー発行会社の株式構造。
  • 英国のハイストリートブランドのファッションリテーラーが英国での主要クレジットカードやデビットカードの認証や振替決済をインターネット上で安全に処理するためのソリューションのライセンス調達とサポート。
  • 日系IT企業に、英国に本部を置くビットコイン取引会社への投資に関する紛争についてアドバイス。
  • 大手カードスキームの会員企業および銀行による英国での新事業の設立。
  • 消費者が「テーブルで」食事や飲み物の注文や支払いを行うことを可能とするアプリ(ライフスタイルアプリ)の開発、ホスティング、展開のサポートに加え、レストランやパブ、バーとの当該アプリのライセンス契約における開発者側の契約条件をサポート。
  • 大手ATMサービス業者のビジネスモデルと決済サービス機関としての認可申請についてのアドバイス。
  • 電子マネー発行会社および決済サービス機関としての認可に伴う規制面での影響や、事業運営と顧客の資金処理の両面でのコンプライアンス遵守を確実にするための手続きに関するアドバイス。
  • 支払いカードの売上債権を担保とするアセットベースファイナンスに必要な取引文書の作成。
  • 東欧の燃料業界に電子商取引ソリューションを提供するロシアの大手プロバイダーが、新規カード決済システムをロシアおよびセルビア国内のガソリンスタンドに導入する際のソフトウェアソリューションのライセンス契約案件。

主要弁護士

  • Phil Riman

    フィル・ライマン(Phil Riman)、パートナー (プライベート・エク イティ、ベンチャーキャピタル部門のリーダー)

    ホワイト&ブラックの創立メンバーで、プライベート・エクイティ、ベンチャーキャピタル部門の主任を務める。M&A、ジョイントベンチャー、ベンチャーキャピタル投資など、多様な企業取引のコンサルティングにおいて20年以上の経験を有しており、チェンバーズでTier 1にランキングされています。

    phil.riman@wablegal.com

    「フィルとはとても共感できるし、冷たく硬い法律だけでなくもっとよく見てくれている」

    Chambers Guide 誌

  • John Allen

    ジョン・アレン(John Allen)、パートナー (コーボレート・M&A部門のリーダー)

    複雑で高額なM&Aを中心に多種多様なテクノロジー関連企業(特にソフトウェアやITサービス業界に対して)にアドバイスを提供。ロンドン・シティ(金融街)の大手弁護士事務所で弁護士としてキャリアをスタート。17年以上の経験を有し、広い範囲で企業取引のアドバイスを提供。

    john.allen@wablegal.com

    「White & Blackのチームにはとても満足している。また素晴らしい仕事をしてくれてありがとう」

    Nobuo Miyagi
    Head of Business Development
    SATO Holdings Corporation

  • Phil Thompson

    フィル・トンプソン(Phil Thompson)、パートナー
    (商事・テクノロジー部門のリーダー)

    専門は高額で戦略的に重要な商事契約交渉や企業間取引の商事面でのアドバイス。特に知的財産の利用および科学技術関係のビジネスに焦点を置いている。研究開発、知的財産権利やサイバーセキュリティー及びデータ保護問題についても定期的にアドバイスを提供。

    phil.thompson@wablegal.com

    「ホワイト&ブラックはすべてにおいて実に素晴らしい。フィルは初めから的を得てる」

    The Legal 500 誌